red-pepper_01pepper_01sansyo_01

 11月初旬に収穫したタカノツメ(唐辛子)の内、天日干しが済んだものは密封容器に入れましたが、青いまま収穫した内の一部がなかなか乾燥してくれずに残っていました。今日は先日友人から頂戴した山椒の実と一緒に、場所を移動しながら一日掛けて天日干ししました。タカノツメの方は鞘が完全に乾燥状態になりましたが、山椒の実の方は今日が初日ですから明日以降も数日間掛けて天日干しを行う予定です。インターネットで調べたところ、粉末にするとほぼ一日程度で風味が飛んでしまうようなので、粉末での保存は止めた方が良いということでした。風味を長持ちさせるためには冷凍保存が一番らしいのですが、天日干ししたものを湿気ないように保存して少量ずつ粉末にして使うつもりでいます。私は毎年12月下旬頃に柚子が処分価格で販売されるのを見計らい、あちこちの八百屋さんを廻って大量に購入してきます。その皮の表面を薄く削いで冷凍保存したものを、一年を通してお昼に食べる饂飩の薬味と晩に食べる冷奴の薬味として使っています。実の方は香りが少ないのですが、お醤油の代わりに使っているお酢に香りを移すため、空き瓶に詰め込んでお酢を満たして冷蔵庫で保存しています。こうすれば多少は香りがお酢に移りますし、柚子の実も腐ることが無いので続けています。いままででも一年を通して風味を楽しみながらの食事を摂ることができていましたが、山椒が加われば今まで以上に食事が楽しめそうです。