明日は昨年の9月に行われた現地見学会には100名以上の参加者があった、「渡里湧水群を生かす会」の総会が催されることになっています。見学会までの準備に関しては会の発足メンバーによるものでしたが、本年からが私たち一般会員も加わっての活動が行われる初年度ということになります。私は少人数で竹薮などを切り開きながらの移動を想定して参加しましたが、関係者の努力で事前に整備されていたことには驚いてしまいました。そのようなメンバーの皆さんとご一緒できるので、こちらもお手伝いのし甲斐があるというものです。活動計画などの発表後には懇親会も催されるようなので、どのような皆様と一緒に活動できるのかも楽しみの一つとなっています。私も水辺などには子供の頃から興味があったことで、水戸市内の川や湖などには幾度も足を運んで写真を撮ったりしていたことから、ホームページ(http://mito-burari.net/)上でも写真集や思い出を綴ったものを公開しています。