red-pepper_01red-pepper_04poppy_01

 タカノツメ(唐辛子)の呼び名をこの地域の人々は「逆立ち南蛮」と呼ぶ人が多く、見た目そのままなので誰でも分かるぴったりの呼び方です。このタカノツメを薬味として使うために育てていますが、種蒔き後に発芽したものが順調に育っていたのですが、蟻に群がれて育ちが止まってしまっていた1本に今頃花が咲き始めています。今からでは花は咲いても実は出来ないと思いますが、せっかく咲きだしたのですからこのまま様子を見ることにします。一方で今年初めて花が咲いてくれたニチニチソウでしたが、今でも花を咲かし続けてくれていても種の形成が確認できずにいました。今日はじっくりと時間を掛けて観察して見たところ、細長い鞘のようなものを数本見つけることが出来ましたので、きっとこれが種だと思われますので弾けて飛ばない内に採取してみます。