french_01zinnia_01 フレンチマリーゴールドの複色タイプ(ボナンザスプレー)とジニア(百日草)が発芽してくれましたが、多くの種を蒔いた割には数が少ないので喜べません。フレンチマリーゴールドが20個で、ジニアが2個となっています。3種類ともに80個ずつ蒔きましたので、正直なところ半分の40個ずつは発芽してもらいたいものです。例年でもこのような状況から、1週間程度の間に50~60パーセントの確率で発芽してくれていますので、特には心配という訳でもありませんが早いに越したことはありません。心配の余り慌てて追加で種蒔きをすると、今度は多すぎて困ることが良くあります。それでも29日か30日には別の種を蒔く予定なので、明日か明後日には必要数の発芽を確認したいものです。