garden_01garden_02 今朝になって花壇で育てているナデシコの一部が開花を始めたようですが、完全に開ききるには夕方まで時間が掛かりそうです。捻じれた花芽を観察して見ると、無地のものやレース生地のような細かい柄がはっきりと確認できるので、色柄共に沢山の種類を楽しむことが出来そうです。プランターのナデシコにもバラエティー豊富な特徴が現れているので、週末から来週に掛けては多くのナデシコが通りかかった人々の目を楽しませることと思います。これで8月下旬から9月上旬に種蒔きを行い、長い冬を越して8か月間育ててきた草花も、残すは成長が遅れていたアスターだけとなりました。

dianthus_01dianthus_02dianthus_03

dianthus_04dianthus_06dianthus_05