new_10new_02 今宵はドヴォルザークの交響曲 第9番 ホ短調 作品95を聴きますが、オートグラフとの相性が抜群のレコードなことから、一年を通して365日毎晩6時から1曲を聴く毎日ということもあり、年間では少なくとも10回程度は選曲していることになります。ここ数年はヴァーツラフ・ノイマン指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏するCDばかりを聴いていますが、我が家のレコードの中では新しい録音年度とはいえ、1981年のスプラフォン原盤ですから今から37年ほど前のものです。所有しているLPやCDもそのほとんどが1960年代の録音のものばかりで、最近ではLPと同じ原盤から制作されたCDを聴くことがほとんどとなっています。