garden_01ageratum_01garden_02

 台風の風によりバラバラになってしまい満開だった多くの草花を撤去しましたが、その殺風景になった庭の中にアゲラタムだけが満開のまま咲き続けてくれています。パンジーが咲き出すまでの間はこの花を見て我慢するほかありませんが、昨年は数個しか確保できなかったアゲラタムの種を今回は大量に採取するつもりです。この種もみんなの会が管理している花壇から撤去されたビニール袋の中から探し出したものでしたが、虫眼鏡サイズの種を探し出したものが育ってくれましたので、来期は一気にたくさんの苗を育てて庭のアクセントにしようと考えています。同じ考えでサルビアを増やしてみましたが、咲き始めは奇麗でもすぐに汚らしくなってしまうので今期は種を採取しませんでした。春と秋の年2回の種蒔きによる草花も春はナデシコ中心で、夏から秋はニチニチソウ中心という全体像は決まりましたので、6つの花壇以外のプランターなどでの調整により庭造りを計画し、その考え描いたものに近づけるよう日々の努力を惜しまずに今後も続けていきます。まずは植え付けが完了した苗が元気に春を迎えられるようにするため、たっぷりと太陽を浴びてこれからの冬越しに耐えうる苗に育てねばなりません。