31日の夜に行われた「ふれあい渡里まつり」の第3回企画委員会でまとめられた内容で、それぞれの担当役員による確認作業が進められていますが、その内容が持ち寄られて明後日の4日に開催される実行委員会で配布検討することになる資料作りを行いました。お手伝いいただける関係団体からの推薦名簿を基に人員の配置表を作り、これから煮詰めなくてはならないイベントの進行表や模擬店の取り扱い品目などと合わせ、それぞれの立場での祭りへの関わり方を意識してもらうものとなります。当日は日曜日ということで100名程度の参加を予定していますが、一人でも多くの参加者で残された4週間の間に何をすべきかを検討していただけることと思います。全体像と自分の担当範囲が明確になることにより、様々な意見や思いが纏まりを見せて楽しい祭りが出来ることを期待しています。