image_07image_03 平成30年11月3日(土)午前10時から午後2時まで 水戸市総合福祉作業施設「愛パーク河和田」にて開催された、社会福祉法人 水戸市社会福祉協議会が主催する第30回 愛パーク祭「であい・ふれあい・ささえあい」~共に生きる地域の実現を願って~ に、水戸市社会福祉協議会渡里支部の阿部前支部長と横川支部長ほか4名で参加してきました。会場入口へ到着すると渡里地区のボランティア団体である「水戸五八・五八会」のメンバー10名による会場と駐車場警備が行われており、会場内には水戸市の福祉施設・事業所関係者やその家族などで賑わいを見せていました。模擬店、ワークショップ、ビンゴ大会、フリーマーケットやステージでの施設利用者による発表、更には津軽三味線と会場を埋め尽くした人々からの大きな拍手で盛り上がりを見せました。一方で施設館内では作品の展示スペースや休憩コーナーなども設けられ、入り口前の広場では福祉車両や菊の展示なども行われていました。我々はイベントの終了後に会場を後にしましたが、水戸五八・五八会を始めとする運営ボランティアの皆さんは会場の撤去作業などに追われていました。

image_06image_08image_05

image_04image_01image_02